担 当
山口亜由美のプロフィール写真

経営者の相続に必要なご希望を聴き取る専門家です


相続アドバイザー/事業承継士/宅地建物取引士/2級FP技能士

山口 亜由美

[弁護士法人山下江法律事務所]

以前、相続人に未成年がいた場合の遺産分割協議(相続人に未成年者がいたら)についてお話ししましたが、高齢化社会のこのご時世、相続人も高齢化しており、認知症の人がいる場合もあります。

遺産分割協議は相続人全員でおこなう必要があるため、単独で法律行為のできず、かつ、共同相続人と利益の相反する未成年者には特別代理人が必要になるのでした。認知症を患っている場合も、十分な法律的判断能力が無いので、単独で法律行為が出来ません。このため、相続人の中に認知症の人があり、この相続人を含む遺産分割協議を法的に有効な物にするためには、この相続人に成年後見人が必要となります。

成年後見人は裁判所から選任され、本人に代わって、財産の管理などの法律上の行為をする人です。成年後見人の申立をするには、後見人を付けることになる人(被後見人)が住民登録をしている住所地を管轄する家庭裁判所に必要な書類を提出します。申立を出来る人には4親等内の親族が含まれるので、共同相続人であればできることになります。手続きにかかる費用は諸々合わせて8,000円ほどですが、本人の判断能力について医師による鑑定が必要な場合は鑑定料の実費(約10万円)が必要になってきます。

審理にかかる期間は、1ヶ月以内が47.2%、2ヶ月以内までで78.9%ですが、中には半年以上かかった案件もあるようです(平成29年司法統計資料より)。

いずれにせよ、相続が発生してからの対応が、大変なことには間違いないので、高齢化社会での相続対策の中で、認知症になるリスクは念頭に置いておくべきことでしょう。

山口亜由美のプロフィール写真

相続アドバイザー

山口 亜由美

Ayumi Yamaguchi

相続問題こんなお手伝いが可能です

  • 事業承継計画立案支援

相続アドバイザー、事業承継士

経営者と後継者のために、事業承継士として策定した事業承継計画の実現を、准メンタルケア心理士™として、また、コーチとして、精神面からもサポートします。

加藤泰のプロフィール写真

弁護士

加藤 泰

Yasu Kato

遺言・民事信託・遺産分割協議の対応

紛争事例処理の経験を活かして、遺言・民事信託などの生前対策から・相続紛争の対応まで相続のあらゆる場面でみなさまをサポートいたします。

棚田秀利のプロフィール写真

税理士

棚田 秀利

Hidetoshi Tanada

相続税申告サポートパック

はなまる相続のメンバーと連携し、遺産分割協議書の作成から相続税申告書の作成までをトータルサポートいたします。


相続コラムを検索する

© 2020 一般社団法人はなまる相続