司法書士 水野昌典

mizuno001勤務先:司法書士法人水野合同事務所・広島相続相談室
専門分野:遺言・相続対策・死亡に伴う諸手続

 

小学生の長女と双子で生まれた次女と長男の3児の父親です。

1977年に生まれ、地元の小学校を卒業後、広島大学附属中学・高校に通い、大阪大学文学部に入学。大学では研究者の道や、教員を志しましたが挫折。広島の実家に帰り、家業である司法書士になることを決意しました。

実務経験と試験勉強を3年間続け、司法書士試験合格年に、先代から実質経営者の立場を譲り受けました。

司法書士とは多くの法的手段を知っていることが、解決のために大事だと日々知識を蓄積し業務を行っていましたが、経営を譲り受けた翌年には事務所経営が悪化しました。

その経験から知識以上に大事なのは、お客様が話がしやすい状況を作り、悩んでいることや相続への不安をいかに聞き出せるかが大事だと認識し、対応を改めることで徐々に信頼を回復し、現在では広島県内の司法書士事務所としては最大級の所員がいる司法書士事務所に成長しています。

13名の職員と共に、話しやすい状況を作ることを意識しながら、日々一般のお客様からの相談を受けています。