相続コラム

その遺言書、法的効力がありますか?

今回は「遺言書はどのように書けば良いのか」というお話をします。 遺言書に書かれた内容を「遺言」(法律用語で「いごん」)と言います。遺言については、その方式が法律で厳格に定められていて、この方式を満たさない遺言は法的に無効となります(民法960条)。なぜなら、遺言の効力が発生した時には、既に遺言を残した当の本人はこの世になく、その真意を確認する術もないからです。 では、法的に有効な遺言を残すにはどうすれば良いのでしょうか。 …