相続コラム

自筆証書遺言の検認

先のコラム(「相続が始まったら①」)で「自筆証書遺言が見つかったら家庭裁判所に検認の請求をすることになる」とい […]…

自筆証書遺言のこと

先のコラム(「相続が始まったら①」)では、親族が亡くなると遺族はまず遺言書を探すことになり、それが自筆証書遺言 […]…

相続が始まったら①

先のコラム(「続・そもそも『相続』って何ですか?」)では、「相続は死亡によって開始される(民法882条)」とお […]…

column001

相続人は誰でいくら相続するのか?

今回は、相続対策を考えるに当たって、まず始めに知らなくてはならない基本のお話をしておこうと思います。 相続といえば、家族の誰かが亡くなって、残された家族がその人の財産をもらうこと、というのが漠然としたイメージでしょうか。法律ではどのように定められているか、順を追ってみていきましょう。…

相続税の課税財産

(問題)先日父が亡くなりました。父の財産に相続税が課税されるかもしれませんが、どんな財産に対して課税されますか? (解答) 相続税は、基本的にはなくなったお父さんが持っていた全財産に対して課税されます。 …

遺言書の効果と遺留分

ここでは一つの事例を参考にしながら,①なぜ遺言書を残すことが大切なのか,②遺言書でどのようなことができるのかを押さえていきましょう。…

養子の相続関係

・養子縁組とは 親子の血縁関係とは無関係に人為的に親子関係を発生させることをいいます。この関係によって設定された親子関係をそれぞれ「養親」「養子」といいます。「養親」に対し、実の親を「実親」といいます。養子縁組には、「普通養子縁組」と「特別養子縁組」の2種類があります。…

相続人が海外に住んでいる場合の相続手続き

日本での相続手続きに実印と印鑑証明書は欠かせないものです。遺産分割協議書にも、凍結された銀行口座の解約や名義変更、不動産の相続登記にも実印の押印と印鑑証明書が求められます。 印鑑証明書は住所登録のあるところの区・市町村役場で発行してもらえます。ところが相続人の中に海外に住んでいて、日本に住所がない方いる場合、一体どうすればよいのでしょうか。 …