一般社団法人 はなまる相続 > 専門家会員 > 宅地建物取引士・行政書士有資格者 溝田義久

宅地建物取引士・行政書士有資格者 溝田義久

勤務先:株式会社マエダハウジング不動産
専門分野:不動産の売却、買取及び空家の有効活用の提案

はじめまして。
マエダハウジング不動産の溝田義久と申します。
私は主に不動産の売却、買取、空家の有効活用の提案の業務を行っており、その他不動産に係る多岐にわたる相談を承っております。最近では相続で引き継いだ不動産の売却のお話をいただくことが多いのですが、不動産とは、その種類、立地、形、隣地との関係、権利関係等の不動産に係る条件のみならず、その不動産を誰がどうやって販売するかによっても全く異なる価値となります。その価値を最大限に引き出し、売却、買取、有効活用の視点からお客様にとって一番良い条件で売却することを意識してサポートさせていただいております。
また、2014年に施行された「空家対策特別措置法」では、特定空家に指定された場合は強制的に空家を解体されてしまう可能性も出てくるようになりました。この法律をきっかけに、世間では空家に対しての意識が高まり、更には人口の減少、相続等によって、より空家問題が顕在化されてきました。そこで私たちの考えとしては、特定空家に指定される前でもなく、空家になったときでもなく、将来空家になる可能性があるという段階からしっかりと対策をしていくべきだとご提案させていただいております。中にはもっと早くにご相談をいただいていればという事例もあります。弊社がしっかりサポートいたしますので、お気軽にご相談いただければ幸いです。